スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産中尊寺

びゆうバス奥州平泉義経号は「世界遺産の関山(かんざん)中尊寺」へ。。。中尊寺では昼食も入れて130分。

バスを降りた瞬間に、植物の香りを感じました。草木がたくさん水分を含み、その水分が蒸発していくときに生じるようなにおい。わたしはこの香りが好き。この土地の植物が香りをうんと出して歓迎してくれているようなうれしさを感じるから。

蓮の看板をみつけました。北海道で蓮をみることはほとんどありません。みな「スイレン」なのです。

DSCN1481.jpg

平安の香り、800年の眠りから目を覚まし。。。わたしのワクワクするような言葉が書かれています。いつか蓮の開花期に来て、蓮の花の写真も写したいな。

「自然のよい香り」はわたしにとって豊かさであり、幸せの源泉でもあります。

DSCN1483.jpgDSCN1488.jpg

毛越寺(もうつうじ)と中尊寺はこの土地のガイドの会の方が案内してくれました。とってもやさしい笑顔のご年配の男性でした。この場所が好きで関わっているガイドの会の方たちならではのエピソード。子どもの頃、
「むかし、むかし、あるところに。。。」
と昔話を聞かせてもらったときの安らぎを感じました。

中尊寺は昼食も含めて130分という時間。

ちょっと短いかな、と思ったのですが、バスガイドさんによると
「名残惜しいくらいがちょうどよく、また、来てみたいと思う。。。」
ということ。こうしてほんのひとこと添えると、なるほど! となる。このあたりはさすがプロのガイドさん。

そして、仏教文化を感じる仏像や御堂をみて、お香の香りをかいだり、この場所で人々が手を合わせお祈りしている姿をみていると、とってもいい気持ちとなりました。

よく「心を磨く」というけれど、それは具体的にどのようなことなのでしょう。心を磨くは五感を磨くということでもあるといいます。
よい香り、おいしいもの、耳にやさしい音、美しい景色をみること。ここからならはじめられそうですね。
五感磨きにはワクワクがいっぱい!!

そして、人間には人をうらやんだり、ねたんだり、怒りを感じたりするような部分もあれば、愛と慈しみを感じる心も、両方あるもの。

どちらの部分が強くでるか、コインの裏表のようなもので、環境の影響を受けるものだと聞いたことがあります。自分の心の内側から愛と慈しみの部分を引き出されるには、それを思い出させてくれる場所を訪れてみるのもいいように思います。

観光という言葉は中国古典の「国の光を観る」に由来するといいます。さらに、わたしはこうも思います。国の光を見ることは、わたしたちの中にある輝く部分を見ることでもある。そして、これはどの人にも必ずあるのだと信じているのです。

いかがでしょうか。


【関連リンク】
世界遺産 関山中尊寺
www.chusonji.or.jp/


スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。