スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンジ

人生で体験することが「最高の人生へと向かわせてくれる教師役」となります。
たとえば私の場合、がんと言う病気がそのひとつでした。

3年前、ガンだとわかったとき、砂の城が崩れるみたいに
あっという間に、それまで築き上げてきたもののすべてが崩れ落ちました。

体への「自信」も「信頼」もなくなったのです。失ったのは健康だけではありませんでした。ドン底まで落ちると這い上がるしかありません。しかし、真っ暗闇のどん底で辺りにはなにも見えません。出口も見えません。一体何に、どこにつかまって這い上がればよいのかーー。

このときに天から降りて来た1本の命綱がありました。それは「ワクワク生きる」という命綱でした。

ただ、ただ、ワクワクの小さな一歩を実践する日々ーー。
そして、今年が3年めの春ーー。

先日のセドナメソッドで、いつの間にか体験したことが糧となって、自信回復していたことに気づきました。

「ガンと体」は象徴的なたとえで、他のことにも全て言えるのです。例えばビジネスにも不安はつきもの。このようなときも、私は奥深いところからの自己信頼感で、ガンを通過したのだもの、これもきっとやれるさぁ! 信頼と楽観でいられるのです。

いつの間にかチェンジしていました。

私は自分自身の選択でここまで来ました。私自身で、なのですが、これは人の支えなしに実現できることではありません。みなさまのおかげなのです。とくにガン以降の3年においては「量」より「質」で励まされました。人間関係も「量」より「質」の時代なのです。

新しいステージはこの3年間、実践してきたワクワクを仕事として社会へどう貢献するかがテーマになってきています。

「あさよがゆく」は「あさよといく」に慣れるかしら。そういうことなのかもしれないと思う今日一日でした。








テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。