スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮筋腫

 先日、病院へ行って来ました。子宮筋腫のことを詳しく知るためです。

医師からはもう出産の予定がなければ子宮と卵巣を手術で取り除くことを勧められました。なので、摘出をすすめる理由を聞いてみました。

話の流れでガン手術のときの話題になりました。ガン治療をどうするかを決めた時、私は自分がどうしたいか、を優先にして決断しました。

医師との話しあいで、何が正しいかなどこれが絶対と言えるものは存在しないとわかったからでした。

このままおいておくと、どのようなリスクがあるのか? も聞きました。気になることは遠慮なく聞くことにしています。
なぜなら、自分の体だからです。

このときにめんどくさそうな顔をしたり、患者に失礼な発言をする医師なら変えてもらうと決めています。

できている箇所などから、腸にふれるようになってしまう可能性、すると便秘になりやすくなること。あとは腹腔鏡による手術が難しくなると聞きました。

軽く腰痛があったので、それは子宮筋腫が関係しているのかと思ったのですが、どうやら今の所、これによる腰痛だということではないようです。

筋腫がある=弊害があると決まったものではないようです。人それぞれ。
私は今すぐどうこうしないと決めました。ただ、経過観察はちゃんとしていこうと思っています。





テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。