スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チラシを持ってワクワク歩くと。。。

今日もワクワク感に導かれて、札幌を歩いて来ました。

先日、「人脈はつくるものではなく、できてくるもの」をテーマにセドナメソッドを受け、解放後に見えたイメージがありました。「人集めをしている」のではなく、これまで通り「ワクワクを実践している」私の姿でした。

こうしたワクワクと人脈とどう関係あるのかはわかりませんが、見えたイメージは信頼する価値があります。

ということで、ワクワクする直感に任せて、昨日は円山原生林を、今日は大通公園を歩いて来ました。この2カ所はパワースポットなのだとか。

娘の家から大通公園まで歩いて行くことにしました。これも直感です。距離にして6キロほどあるのですが、なぁーんか歩いて行くことに意味がありそうと思ったのです。

一眼レフを持ち運べるアウトドアリュックにはカメラとノートと本1冊、そして5月25、26、27日に予定されている体験会やセミナーのチラシも入れました。

chirasi2.jpg

すると、どうでしょう。予感は的中しました。


通ったことのない道に行きあたりました。ワクワクするので行ってみると、図書館がありました。入り口に講座やセミナーのチラシがズラリと並んでいて、私が持参したチラシの内容とつながりのあるものが多いです。これはどこで行われるセミナーかしら、とチラシをみると、札幌市産業振興センターと書いてありました。しかも、図書館からすぐ近くなのです。

これも、直感したので行ってみました。受付の人に私が預かっているチラシを見せて講座のことを話してみました。札幌市が主催か後援しているものでないとチラシを置くことはできないという事情を説明してくださいましたが、職員の人で見てくれることになりました。

札幌市産業振興センター施設内を見学して驚きました。デザイナー、クリエイティブの人たちにとって、ものすごくすてきな施設があったのです。

みなさまの活動のチラシを持って歩くというと、人のためにしているようではありますが、すべては自分のためになっていると思います。これらのチラシがなければ、私はここへ足を運ぶことはありませんでしたし、施設の人に話しをしてみることもなかったと思うのです。話しをしたから何がどう、ということではありませんが、今の私はこういう機会にふれているだけで幸せです。

施設を出て、目標の大通公園を目指して歩きました。大通公園へついて時計をみると2時間がすぎてました。

大通公園のドトールでハニーミントミルクティを飲みながら、窓の外をみると「北海道新聞社」が見えました。
北海道新聞社へ行って、チラシを見せると預かってくれました。担当者のお名前と電話番号を、といわれたので、メモ帳を取り出して一枚ビリビリとやぶり、ボールペンで名前と電話番号を書きました。(風景と花の写真をいれた名刺を作ったのに持って歩いていませんでした)

そのあと、大通公園を歩きました。歩いているときにふと「そうだ、お預かりしているチラシの体験会の会場、かでる27へ行ってみよう」と思って、帰りに立ち寄りました。
すでにチラシを届けてあるので、どうなっているかしら。

kaderu27.jpg
chirasi8.jpg
ありましたーー。
セドナメソッド体験会のチラシを探してみましたが見当たりません。
もう、なくなっているのですね。
で、追加で補充してもらいました。
すぐに置いてくれました。
chirasi6.jpg

数日前に、セドナメソッドで解放した。ワクワクする姿が見えた。なので、ワクワク実践で札幌を歩いている。歩いた場所はパワースポットである。

そのためなのか、理由はわからないけれど、とにかく直感の働く1日でした。どの人もみな、親切だったのが印象的でした。

これで、本当に集客ができてたら、まさしく願ったり叶ったりです。ワクワクすることをやっていたら、同時進行でなぜか、セミナーに人も集まっていた、、、なんてすごい理想、夢です。

もし、これが私にできたのでしたら、ここを読んでくださっているみなさまにも実現可能なはず。

ソースとセドナメソッドを併せて活用するとどうなるか、ワクワクしながら自らの人生で実験、研究しています。









テーマ : 夢を叶える
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。