スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分にしかできないこと

「自分にしかできないことをやろう」
最近、よく聞くこの言葉に対してみなさまはどう感じていますか。
私にとって、この言葉は何か特別な才能や能力のことを指しているイメージがありました。なので、特別なものなど何もない私にとって縁遠いものだったのです。

それがある体験をしたことで、身近なものに変わりました。

きかっけはセドナメソッドで息子との関わりにおける私自身の気持ちを手放してみたことでした。解放後に思いがけない副産物として、これからの人生でやりたいことが見つかったのです。

私がこれまで出会ったセラピストさんやヒーラーさんたちはとても立派で素晴らしい人たちでした。お話しの内容から穏やかで癒し感たっぷりの理想的な親子関係を築き上げていると想像していました。

それなのに、私の相談ときたら、なんとも低次元な親子問題。穴があったら入りたいくらいのものです。私は人の生き方に触れる仕事につく人はこのように立派で素晴らしい人たちだと思い込んでいたのです。それがゆえに、私は人の生き方に関わる仕事につくのはやめようと思ったのです。

セドナメソッドで変化したのはこの気持ちでした。うまくいかずに悩んだことが多かったからこそ、弱点や欠点だと感じているものの中に「自分にしかできないこと」があるのではないかしら、と思うようになったのです。

何度も失敗をしているし、紆余曲折もしている。けれど、考え直し反省し、あきらめずに歩いて来た私自身のあるがままの人生物語。大切なのは格好悪くて、誰にも言いたくないような自分をさらけ出して分かち合うこと。 それが自分の経験を通したオリジナルのストーリーであり、そのストーリーを分かち合うこと。これこそが「自分にしかできないこと」だと思ったからでした。

無理して格好よく見せる必要はないと思います。むしろ格好よく見せたくなるようなところにこそ、自分にしかできないことがあるのではないでしょうか。

「自分にしかできないこと」。それは自らが生きながら経験したストーリーをあるがままに、愛情を持って分かち合うことであると思います。決してドラマチックであったり、特別である必要もありません。ましてや個々の人生経験に大小をつける必要もありません。だとしたら、私はつまづきの多かった自分の子育て経験を通して「気持ちがラクになる子育て」をテーマに分かち合ってみたいです。

みなさまは自分の経験の何をどのような人と分かち合いたいですか。きっと、その答えが「自分にしかできないこと」になっていくのだと思います。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。