スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産「平泉」を巡る旅ー世嬉の一酒の民族文化博物館ー

浦しま公園を歩いて、次に向かったのが「世嬉の一酒の民族文化博物館」です。

DSCN1378.jpgDSCN1380.jpg

昔ながらの酒造りを見られる施設。お酒の試飲や購入できる店やモダンなカフェもありました。印象に残ったのは冷たいお酒を試飲するためのコンパクトな装置です。

DSCN1376.jpgDSCN1381.jpg

酒造りの決め手となっている水に特徴が。。。

DSCN1384.jpgDSCN1385.jpg

酒樽の中に入って酒の気分を体験しよう! というのもありました。
ほろよい気分の方ではなく、酒の方になった気分ですよーー!!
こうして酒造りのいろいろを見ていると、「酒選び」を大切にしてみたくなりました。

一ノ関ゆかりの文学の蔵もありました。島崎藤村ら有名な人が原稿用紙に手書きし、文章を加筆訂正しているものが展示されているのをみて、ワクワク。。。♪ わたしも物書きの仕事を始めた頃、原稿用紙に手書きだったのです。

文章に触れるということは、その作者や書き手と交流することになるといいます。手書きの原稿で文字をみるととてもリアルに伝わってきました。

来て良かったです。


【関連リンク】

世嬉の一酒造
www.sekinoichi.co.jp/








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。