スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産「平泉」を巡る旅~空飛ぶ郭公だんご~

2日目はびゆうバス奥州平泉弁慶号で観光を楽しみました。

朝8時30分にホテルを出発し、厳美渓→毛越寺(もうつうじ)→中尊寺→黒石寺(こくせきでら)→正方寺(しょうぼうじ)を巡ります。

(東京からの日帰り参加の人とも合流。参加者は合計29名となっていました。)

宿を出発してまもなく、黄金色の畑が広がる景色のなかで、バスガイドさんが亡くなった人の骨を一定の場所に埋めるという骨寺村荘園遺跡のことを聴かせてくれました。ある意味では何もない畑の広がる場所が遺跡。。。ガイドさんがいなければ、単なる畑の続く場所として遺跡だと気づかずに素通りしてしまったかもしれません。

ガイドさんの存在って大切です。

厳美渓に行きました。数日前の台風あとで濁流が続いているとのこと。本来は透き通ったエメラルドグリーンだとか。
厳美渓は「厳しさの中に美しさがある」です。このあたりがわたしのワクワクです。ある僧侶から「慈悲」というのは「厳しさを含む」という話しを聴いたことがあります。厳しさも慈悲のうちということを自分の心の1ページに入れられるようになると、大人のオンナ度があがりそう。そして「厳しい」と「冷たい」は違うということ。厳しいのはどこまでもその人の成長を願う愛情がもととなっています。

DSCN1427.jpgDSCN1430.jpg
DSCN1431.jpgDSCN1434.jpg
DSCN1433.jpgDSCN1435.jpg

かごにお金を入れて、カンカンカンと木をならすと、かごが渓流を越えてあがっていく。
まもなく、団子とお茶の入ったかごが降りてきます。
わたしたちのお茶はやかんにはいっていましたが、コップに入ったお茶もこぼれずに降りてくることで有名だとか。


DSCN1437.jpg
つるつるした食感の団子が美味。お茶も美味しかったです。
朝9時前には到着していたと思うのですが、たくさんの人がいました。

今回の旅でわたしのもっともおもしろかったことは「空飛ぶ郭公だんご」です。

【関連リンク】

骨寺村荘園遺跡
http://www.honedera.jp/

郭公だんご
http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03205/1434.html

http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03205/1434.html

厳美渓
http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/6,4270,112,95,html



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。