スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比叡山お散歩写真、甘い癒しも。。。

13日、ブロガー紀行の初日です。集合時間までもお出かけしようと世界遺産の比叡山延暦寺へ行ってきました。

さすが!! その大きさにあらためて感動です。運転手さんもとても親切でした。

DSCN1705.jpg 

ケーブルから見える景色も見どころです。 このように木々のなかを歩いていけます。

DSCN1707.jpg

延暦寺駅から延暦寺会館までは歩いて15分くらいです。
空気もよくて、お寺独特の静かな雰囲気も味わえるので、延暦寺会館までは歩いていくことをオススメしまーす。

(歩かずラクラク比叡山内シャトルバスというのもあります。↓ 一日フリー券大人800円で何度でも乗り降り可能がうれしい点。 )

DSCN1741.jpg

こちらのバス看板をみてもわかるように、これだけの見所があるのです。


DSCN1709.jpg午前8時30分になったときのこと。放送で般若心経が流れ始めました。

「わぁ! お寺に来たんだ。」
お寺を旅している気分が高まりました。


延暦寺会館へ行ってみると、お坊さんが案内してくれました。下記がその一部です。

比叡山延暦寺という寺がひとつあるのではなく、比叡山にある150もの塔やお堂の総称。比叡山延暦寺は東京ドームが1500以上入るという大きさです。

「西塔」「東塔」「横川」と3エリアになっており、
  ↓   ↓    ↓
「過去」「現在」「未来」の意味があるそうです。

「西塔」→お釈迦さま(過去をお守りしてくださっている。)
「東塔」→薬師如来さま(現在をお守りしてくださっている。)
「横川」→観音さま(未来をお守りくださっている)

さて、みなさまでしたら、どこへ行きたくなりますか。

時間が許されるなら、全て巡りたいです。

私と娘は「東堂」へ行ってきました。万拝堂があります。仏教か、神道か、何の宗派かに寄らず、どなたでも。

万拝堂
DSCN1718.jpg

DSCN1716.jpgDSCN1711.jpg

「東堂」には比叡山延暦寺の中心には国宝の根本中堂があります。入ってみました。
「静かにしましょう」といわれたわけでなくても、空気に飲み込まれるかのように静かにしたくなる」場所がありませんか。まさしくその空気で静かに参拝しました。


DSCN1714.jpg

DSCN1721.jpg 
開運の鐘をゴーン
いい音~

そして美仏を観られるという国宝殿へ向かいました。
DSCN1728.jpg

「国宝殿はお堂です」と書いたものをみて、ハッとします。
中に入るとまさしくお堂の空気感です。

わたしは阿弥陀如来さまになつかしさを感じ、
娘は護法童子立像が”なんとなくよかった”そうです。ちなみに護法童子立像は忍耐強くゆるぎがない善神で悟りを求め苦行するのを助けるのだとか。
そうか、そうか、ウンウン。。(というアナタ、ナニモノですね)

美しい仏像を観たあと茶店へ。。。 最高の癒し、ここにあり。

DSCN1732.jpg 
黒みつごま豆腐を食べました。もちっとした食感にヘルシーな甘味。
「あぁ、おいしい。。甘くて幸せぇぇぇぇーー」
堪能という言葉がピッタリきます。

DSCN1740.jpg 
比叡山延暦寺のお土産オススメはごま豆腐。通常は精進料理のためみそたれになるそうです。

娘はおじいちゃんとおばあちゃんにかわいいお守りを買っていました。

「心を磨こう」。最近、テレビや雑誌などスピリチュアルなことがよくとりあげられるようになったためか、書店でもこうしたテーマの本をよく目にするようになりました。

では、心を磨くにはどうしたらよいのでしょうか。このような話しを聞く中で、わかりやすくてよいと感じたのは「人間の五感を磨くことなのですよー」という言葉でした。

おいしいものを食べ、美しい景色に癒され、足を使って歩くなど、それなら、わたしにもできる、いやいや、ぜひとも、したいです!

歴史を感じる立派な建築物、仏像、かぐわしいお香、美味しい参拝名物と五感が満足度ばっちりでした。

いつの間に幸せな気持ちになってきますね。

比叡山で働く人々みな、親切でステキでした。

【修行体験もできる!】

修行体験をしたい人は延暦寺会館へ。どのような体験かはムフフ。


■比叡山延暦寺
〒520-0116 滋賀県大津市坂本本町4220 
TEL:077-578-0001(代)

【リンク】
比叡山延暦寺
www.hieizan.or.jp/

滋賀県観光情報 比叡山延暦寺
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=58

滋賀県観光情報 比叡山延暦寺会館
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=1998





テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。