スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香りのペイフォワード

先日、札幌へ行く途中に洞爺湖で一泊しました。早朝の静かな洞爺湖と、朝日のなかでみる羊蹄山は癒しの風景です。
宿泊した旅館のご年輩の女性スタッフさんと”函館”つながりで話し弾みました。売店での立ち話しです。今年の冬に転倒してから、すっかり体調を崩してしまい、強い痛み止めを使わなくてはならない日が多くなったそうです。
 夜にもう一度、温泉に入ってから寝ようと大浴場へいくと、再び、会いました。コルセットをまき、本当につらそうです。
「痛くて、痛くて」
とお話ししているのを聞いていたら、エッセンシャルオイルをお渡ししたくなりました。
翌朝、チェックアウトにお会いしたときに、お渡ししようと思いました。しかし、会えませんでした。旅館を出て、携帯電話を部屋に忘れたことに気づいて、取りに戻りました。お土産コーナーに昨日の女性がいました。
「もし、よろしければ、お使いになってみませんか。リハビリのお手伝いになるかもしれません」
そういって、ラベンダーのロールオンをお渡しすると、とても喜ばれていました。
「何か、あなたにお返しを」
といわれました。

このとき、あることを思い出しました。
わたしが癌と診断をうけたとき、ある女性がわたしに癌をサポートするエッセンシャルオイルの情報提供と同時に、サンダルウッドなどエッセンシャルオイルを数本を即日、送ってくださった方がいました。
この女性に、わたしがお礼をさせていただきたいと申し出ると、
「お礼など必要ありません。あなたの笑顔が何よりのお礼です」
といってくださいました。

していただいた温かな好意は、受けた方も自然と身について、ふとしたときに今度は別の誰かにお渡しすることができるようになっているもの。エッセンシャルオイルとともに、言葉や形にはできないけれど、とても贈り物を一緒にいただいていたのです。

ですので、癒しの香りとともに、愛のペイフォワードができて、うれしいのは他ならぬわたし自身なのです。

エレミ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。