スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川賞受賞者の報道番組でわくわくを発見しました。

コクヨS&T キャンパスノート(A4サイズ)3冊パック(限定版)A罫 ノ-203AX3LコクヨS&T キャンパスノート(A4サイズ)3冊パック(限定版)A罫 ノ-203AX3L
(2009/12/01)
コクヨ

商品詳細を見る
芥川賞受賞された人たちの報道番組を見て、とてもワクワクする感じを覚えました。

もっとも私がワクワクしたのは、何年もこもりきりで執筆を続けていた人の話しでした。
パソコンもなく、原稿用紙とペンで書き続けたということや
毎日、少しでもいいから書き続けていたというお話しにもワクワクしました。

昨年、東北へ旅したときに一ノ関の文学館に寄ったときも、島崎藤村ら有名な人が原稿用紙に手書きをし、訂正加筆したものをみたときにとてもワクワクしました。

この私の感じているワクワク感を信頼し、大切にしていこうと感じました。

わたしはコクヨのノートに鉛筆で書くことが好きです。いろんなノートがあります。ガン体験を綴るノート、日々のひらめき、用事、小さな1歩の記録、気持ちや考えを整理するものなどは大まかに1冊、体ノートなどなど。

鉛筆に任せて書いていると、わたしってこういうことが書きたかったんだ~ということがあります。書いていると何かが開けてくるような感覚です。
文法も、起承転結も技術的なことはさておいて、まずはノートに書いてみることをしています。これがとっても気分いいんです。*^^*


テーマ : ワクワク
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。