スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族

このブログの主人公、麻代は41歳。

この日の朝。麻代は夫を会社へ車で送っていった。夫を車から降ろして、帰ろうとしたとき、電話がなった。麻代の母からだった。

新鮮なたけのこをもらったので、たけのこご飯を作ったから、取りに寄って! という用件だった。

そのまま、麻代は実家へ向かった。たけのこご飯を受け取って、家に帰る途中、あることをひらめいて、車をとめた。

今日は茂辺地(もへじ)に冷泉を汲みにいこう! 母も行くかな? と思ったのだ。その直観で、電話をしてみた。「行きたい!」という返事だった。

母と犬を車に乗せて、茂辺地で冷泉を汲んだ後、森林を散歩した。キャンプ場には他には車は見当たらず、静かだった。

ソースの車輪「家族」の実践だなぁと感じた。会話をしながら、散歩をした。川は数日前の雨のためか、水かさが増して、いつになく急流だった。

40分ほど歩いた後で、茂辺地にある老舗の和菓子店に寄った。麻代は以前、この店を何度か取材したことがある。時間をかけてじっくり練りあげる小豆あんがたっぷり入ったこの店の代表的な和菓子ともいえる
「あきあじ最中」という1品がおいしいのだ。麻代はこれを母と味わいたいと思った。「おいしい」。

麻代は道南界隈の店を取材していたことがある。その件数は相当ある。そのなかでも、何年経っても忘れられない人や味がある。この和菓子店もそのひとつだ。

温泉にも入ることにした。上の国、天の川沿いにある湯ノ岱温泉へ向かった。近頃、話題となっている炭酸泉。ここには炭酸泉が湧いている。大人一人350円の入浴料金で全身を炭酸泉に浸すことができる。

何気ない会話を語らいながら、体につく泡を見ながら、ゆっくり楽しんだ。

帰りの車のなかで、家族や親戚の仕事の話しから、生き方の話しとなった。麻代の父はサラリーマンで仕事をし続け、定年まで迎えている。麻代の母はその家庭で3人の子どもを育てた主婦だった。

麻代は人生の中で、今、発見している「ワクワクする生き方」のことを話した。どのような生き方をしていても、今ある現実のすべては、他の誰でもない、自分で選んだことだという話しもした。

誰々がそうするように言うから。。。自分は言われた通りにしただけだ。よく聞く言葉だけれど、それがアドバイザーであっても、カウンセラーであっても、選んだのは自分自身なのだ。

このことをしっかりと学んでいって、はじめて、自分らしくワクワクする人生を生きられるようになるものだ。

自分のとった行動のすべては、自分で選んだこと。たとえ、束縛するような厳しい人がいるから、自由になれなかったとしても、それさえも、人のせいにはできないのだということを話した。
戦国時代や江戸時代に、こんな話をしたら、身が危険にさらされたのかもしれないけれど、今は平成なんだから! というと麻代の母は楽しそうに笑った。

自分の人生を他人が変わることはできないのだし、他人の人生を生きてあげることも不可能。
他人を変えようとすることにエネルギーを使うことよりも、小さなことでいいから、日々、楽しいことをする方に時間とエネルギーを使った方がよいのだということに、気づいたという、麻代自身の体験談を話した。

麻代の母はうんうん、とうなづいてきいていた。

ワクワクする生き方は誰にでもはじめられる! ということを
静かにそっと一言でもいいので、伝えてみることにしている。

これは他人のためではなく、麻代自身のためだった。理想に向かって小さな1歩を歩みはじめると、その理想は1歩ずつ現実になると体験的に感じていたからだ。

車を降りるとき麻代の母は言った。
「今日はありがとう。楽しかった」
と。

ワクワクすることを一緒に楽しんで、一日の終わりに大切な話しもできた。麻代はこのような一日に幸せを感じていた。


テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。