スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい始まり

函館は毎年恒例の港祭り。花火大会やパレードが連日行われている。20年前の8月2日、人生の転機を迎えた。母親になった。初めての陣痛や生みの苦しみを味わい、これ以上続いたら耐えられないかも、と思った頃、男の子が生まれた。苦しみの後の喜びは新鮮だった。

純白の新生児服に包まれた我が子を抱きながら、
「この子が成人する年、わたしは41歳。新しいことをはじめられる」
とつぶやいていた。

今日は母親になって20年の節目でもある。
「とりあえず、ここまではやってこれた」
母親としての役割も何かひとつ肩の荷が降りた。

感動ストーリーの秘密心ゆさぶる小説の書き方の教材が届いた。今日という日に届くように注文したのではない。この教材を手にできるとは予想もしていなかった。

思いがけないことが続いて、記念すべき特別な日に届いた。うれしい。子どもは成人した。私は41歳。
「これって、新しい始まりかしら?」

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。