スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥山山頂、巨大石のハーモニー

弥山登山。階段の山道をひたすら歩き続けて1時間半。山頂に到達した。

misnnsanchou.jpg

澄んだ青空に巨大な石が現れた。写真でお届けしてしまうのがもったいないほどの迫力がある。

自らの足で登山して来てよかった。どちらか片道を歩くなら登りを歩いてよかった。途中は息も苦しい。しかし、たくさん呼吸しても安全な空気が広がる山中だ。

この風景に出会うためだったと思うと、途中の大変さまでもがよかったと思える。

柔らかくて軽やかな音を放つ。巨石に太陽の光が降り注ぐ。

misenntouchou2.jpg

帰りはロープウェイで降りることにした。
misennsannchou1-3.jpg

ローブウェイ乗り場から山頂までも徒歩30分くらいかかる。

misensanchou1-2.jpg 
帰りは楽々とロープウェイで下り、麓のロープウェイ乗り場からは無料送迎バスで厳島神社の裏手まで行った。

厳島神社へ行くと、引き潮になったときの鳥居を見られた。

itukusimajynnja6.jpg

朝は満ち潮で海に立っていた鳥居。潮が引けると根本まで見えた。

登山前に満ち潮の時の鳥居を見た。
下山後、引き潮の時の鳥居を見て、その違いを楽しんだ。

旅に出る前に母は
「引き潮の時の鳥居を見たって意味がない」
と言っていた。きっと、広島観光番組などで取り上げられる風景が海に立つ鳥居だったからだと思う。

しかし、下山後に引き潮の鳥居を見て
「潮が引くとこうなるんだぁ、これもすごいね。両方見られてよかった」
と言っていた。

大自然弥山、美しい厳島神社にはは人の心を変える何かがあるみたいだ。






テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

引き潮になった厳島神社初めて見ました。

引き潮の絵もいいですね。

Re: タイトルなし

おじさん、コメントありがとうございます。

引き潮の厳島神社もよかったです。

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。