スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yukinoki.jpg


「大沼散歩に行かなかったら、もったいない。」
アールグレイティをミルクで飲みながら、
窓の外を眺めて思った。

今朝は穏やかな晴れ空。

夫は雪の大沼湖畔14キロをランニング、
私はカメラを持って、お散歩しながら、気に入った場面を写して歩くーー。



雪の湖畔を歩いていると
「つっついています、つっついています。」
と女性が楽しそうに話しかけてきました。


fuyunoyachou.jpg

コンコンコンコン…。冬の空に軽やかな木の音。

望遠レンズが重いため、持ち歩いていませんでしたが、
通常のレンズで撮影してみました。



今日はスペシャルな体験をしました。

冬は大沼湖が凍っています。今だけ、湖面にたてるのです。
(スノーモービルも、わかさぎつりも湖上でやっているのですが、それでも、足元が溶けていると、ドキドキします)。

いつもは散策路から湖上をみています。
今日は湖上から散策路を見つめてみました。

すると、空が
雲が
変わりだして、キラキラキラ…

虹色に光り始めました。

写るかしら、
とっさにシャッターしていました。


fuyunosaiun.jpg



散策路もいつもと逆パターンで歩いてみました。
同じ場所なのに、違って見えます。

yukinokourakubasi.jpg


ここを通ったとき、この橋いいなぁ、と思いました。

この橋を渡って、散策路を歩いていた時のこと。
やさしい風が吹いて、
木の雪がサラサラと空気中に舞いました。
そこへ太陽の光がちょうどよく当たって
虹色に輝いたのです。

美しい風景を見る。
最高の幸せです。


このあと、ランチをして帰ってきました。





テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。