スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさイチ

NHKのあさイチで見て、おもしろかったのでやってみることにした。

番組では家計再生コンサルタントが出演し(こういう仕事があるのですね)、
具体的な例を交えて、実践が紹介されていた。

従来の家計簿をつけて家計を管理する、というものではなかった。

tousi.jpg

このように3つに分類した箱を用意する。
買い物をしたレシートを3つのいずれかに入れて行く。

おもしろかったのは、安売りチラシをみて、家計のためと思って買い物にいった主婦の例。
5個で100円のスポンジを買った。これは本人が「消費」に分類されると思っているのだけれど、帰って台所の収納スペースを開けてみると、すでに5個100円のスポンジが未使用で出ていた。

つまり、これは「浪費」になった。

また、ある女性はこういった。昨日のコーヒー代は「投資」だった。コーヒーで休憩を取って、そのあと午後の仕事がはかどったから。でも、今日のコーヒー代は「浪費」だった。なぜなら、友人に誘われて仕方なくつきあったから。

家計簿よりもシンプルで、しかも家計簿では得にくい意識チェンジができる。

さらに、興味深いことが!!

乳がんになって仕事がなくなった女性の例。ガンとわかる1ヶ月前に家を購入したばかりで、自分の収入がなくなった。家計は6万のマイナスで不安は募るばかり。こういう不安はすごいストレスだと思う。乳がんというのが人ごとではなく見てしまった。

この方法を実践して、マイナスの6万が解消されただけではなく、自己投資の金額まで生み出せたこと。自宅でアロマとケアマネの勉強をし、2月からは仕事につけることになった、と紹介されていた。

ほかにも、浪費の金額が月5000円など明確になった人が
これを「投資」に回そう意識チェンジし、将来的には仕事につながりそうな習い事を始めたなどのエピソードもおもしろかった。

浪費は数字を把握して、責めないこと。
一週間の予算を決めて、小銭がでたときに小銭専用財布に移す。この小銭専用財布からなら浪費をしてもよいのだ。

なぜ、そうするのかというと、浪費してもよい財布から使うことで、罪悪感をなくすことだ、といっていた。
浪費って、あぁ、またやっちゃったというダイエット中の無駄食いと同じ心理。
すると、それがストレスとなって長続きしなくなる。というのが理由らしい。

これまで見た、どのこうした家計管理特集よりもワクワクした。きっと、つけて数字を把握するだけではなく、シンプルな方法で「意識チェンジ」につながっているのが番組通してみえたからだと思う。

さっそく、3つの箱を用意してみた。

これはソースの車輪財政に入れた。ワクワクの地図ははっきり、すっきり、整えるにあてはまる。



テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。