スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直感

今朝、目覚めてリビングでイングリッシュミルクティを飲みながら2つの選択肢を考えていました。

「大沼国定公園へ行こうか」「函館山へ行こうか」です。

窓から青空を見ていると「大沼公園」をイメージした時の方がワクワクするのを感じました。
そして、テレビのスイッチを入れたタイミングで、大沼公園のレポートが始まったのです。レポーターの女性が大沼湖畔のことを「本当にシーンとしていて聴こえるのは鳥のさえずりのみなのです!」というのを聴いた瞬間、ワクワク感が胸に広がりました。

taiyou.jpg

この「太陽のきらめき」写真が気に入りました。どのあたりが気に入ったかといいますと、光の線が均等に広がっているところです。

ところで「今日の選択はよかったのだ」と感じる体験がありました。
それは帰宅後に聴いたアイウエオーディオ倶楽部のリンロビンソンさんの対談のなかで起こります。

「ワクワク感があったり、エネルギーの伴う場に直感がある」。これはリンロビンソンさんのスピーチです。これは人生において使える素晴らしいテクニックだといっておられました。

私もワクワク感と直感のつながりをここ大沼で体験しています。だから、私は「ワクワク」は「ただの娯楽」とは違うとハッキリ思うのです。






テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。