スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢で受けたセドナメソッドの効果

この数ヶ月で、パートナーの車輪に関する学びがたくさんありました。

セドナメソッドやソースパートナーの車輪を使って、少しずつ。。。
収入の車輪も実践して行く意欲もコンコンと生じてきました。

【数ヶ月前によく見ていた夢】
私は夫の運転する小型車(軽四クラス)に、乗せられます。ハンドルを握っているのは夫で、私は助手席にいます。夫が運転し始めると、坂を下ります。夫は満足そうですが、助手席で猫背になっています。


【この後のある日見た夢】
夢の中で安藤さんからセドナメソッドの個人セッションを受けました。象徴的に、夫の運転する車の助手席に乗っているという私が見えました。


この夢から目覚めたとき、あることに気づきました。なぜ、私は夫の運転する車に乗れといわれたからといって、乗っているの? です。乗るという選択をしているのは自分なのですよね。
夢の中で受けたセッションの変化が夢の中で現れ始めます。。。

【この間、数日で見た夢のキーワード】
高次の教師、
助けるのを手伝わせてくださいといってくれた3人の導き手。
ブレーキがなくなる(ブレーキがなくて危ないと思うけれど、危なくなかったという夢)



【昨日の夢】
「病院で検査入院」をしていました。娘が付き添ってくれました。
女性の看護士さんがやってきて、
「医師が思ったより軽くてすんでいるということでした。このままいっていたら、重傷になるところでしたよ。2つ検査する予定でしたが、ひとつでよいそうです。腎臓の造影剤によるCTは必要ないということです。ひとつ検査しますが、問題ないでしょう。よかったですね。明日、退院できますよ」


目覚めたときに、もう、夫の顔色を気にしてワクワクを止めなくていいと思いました。なぜなら、この数ヶ月間、夫からの嫌味を受け入れて、早朝の大沼公園を歩くなど体の健康の実践をかなり減らしていたからです。夫は夜勤職場で、日中に家にいることが多いのです。午前中の散歩を減らした所、夫と顔を合わせる時間が多くなってしまいました。やがて、夫からはお前が日中家にいるとうっとうしいといわれたのです。私がワクワク活動をしていれば、自然と顔を合わす時間が減っていたことに気づきました。ワクワクの実践を取り戻し、大好きな湖畔の早朝散歩を始めて2日目でこの夢をみました。



【今日の夢】
私は大きな車の運転席にいました。温泉施設の駐車場で前向きにとめていた車をバックで出します。ギアをバックからドライブにチェンジするのに、ブレーキを踏むと、車が後退しはじめます。
「おっとと…」
ギアはすでに切り替わっています。後退をとめようとブレーキを踏んでも、後退はとまりません。アクセルを踏むのをためらっている私。ブレーキから足を離したらどうなるのだろう。。。(緊張)。でも、そうためらっていたら、地面が泥になりだし、ここまま止まり続けるとヌカルと思いました。しかし、アクセルを踏むことにもためらいがあります。アクセルを踏んでこの状況から抜けられるのかがわからないからです。しかし、私は気持ちを切り換えアクセルを全開に踏み入れて行きます。すると、車体が活力にあふれ、一瞬でこの状況から抜けられました。なぜ、私がここから出るとアクセルを踏めたのか。それは私にはこれからやることがあって、待っている人がいるのがわかったからなのです。
私がこの状況を抜け出ることが、人のためになるとわかったとたん、この元気です。自分のためだけでは、自分を救えなかったのに。

夫の運転する車の助手席にいて、夫が下ると私も下るという夢が自ら運転をし、アクセルを踏んで自ら状況を抜け出すという変化。

夢の中で受けたセドナメソッドが夢の中で効果を現しているというのがおもしろい!!








テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさよ

Author:あさよ
1970年生まれ。こんにちは、あさよです。39才で浸潤性小葉がんの告知を受けたとき「これからの人生は何があってもワクワク生きるよう」と思いました。年子の子ども達は社会人として働いています。

こちらのブログはがん手術後の2010年6月より開始しました。このブログをはじめたのには2つの動機があります。ひとつは私の2人の子どもたちのためでした。子どもたちが人生のなかで、あのとき母はどうしていたのだろう? と思うことがあったとき、いつでも、どこでも見られるように。もうひとつは、ワクワクを実践し感じたこと、変化を書き綴ることで心を癒すことでした。

自分のためにはじめたブログですが、ある時「ワクワク生きようとする人にとって刺激となるブログです」「自分の周りにはあさよさんのような生き方をしている人がいなかったため、心強いです」「元気をもらっています」というメッセージが届きはじめました。みなさまのおかげで、あるがままの等身大の自分で、今できることをやって生きることのすばらしさを実感させていただきました。

私の経験を分かち合うこちらのブログが、どなたかにとっての元気や勇気、時には息抜きとなれたら嬉しく思います。

*ブログへのコメントは初めての人もお気軽にどうぞ。承認制になっておりますので、ご安心して投稿ください。
*私へのメールは上記の上記ツールバーのメールフォームより送信いただけます。

*ワクワクの実践日記としてほぼ毎日更新しています。2013年3月に1000記事を通過しました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
携帯からもご覧いただけます。
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。